Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ビジネスマンとして【爪あとを残す】カラオケ術

この時期は、忘年会や新年会で盛り上がって
そのままの流れでカラオケへ・・・、なんてパターンはもはや王道ですよね。
ビジネスマンたるもの、カラオケとはいえ、ただ楽しく歌うだけではなく
しっかりと爪あとを残しておきたいものです。

そこで今回は、
ビジネスマンとして心得ておきたいカラオケ術なんぞを紹介します。

NGな曲

飲み会終わり、特に上司といくカラオケには
【歌ってはいけない曲】というのがあります。
具体的には、以下のように世代間ギャップのある曲です。

・テクノ、ダンス系→上司世代には、呪文にしか聞こえません
・ヒップホップ→「yo~yo~」言ってる曲は、上司は聞き取れません
・洋楽→上司はあんまり知りません
・アニメソング→世代が違うと盛り上がりに欠けます

で、適している曲は?

全員が知っている曲がベストです。
【世界にひとつだけの花】などはベタですが、効果は抜群です。
皆で歌える曲で盛り上がるので、歌えるようにしておくと役に立ちますよ。
あと【異邦人】など、何回もカバーされている曲を歌うのも
世代間ギャップを埋めてくれるカラオケ法です。

カラオケの構成力も問われている

1曲目→アップテンポかつメジャーな曲から
2,3曲目→カラオケが苦手な人や新人さんに早めに歌わせ、プレッシャーから解放してあげましょう。
 ・
 ・
 ・
盛り上がってきたら→上司の十八番ソングを入れて、歌っていただきます。

歌が上手く聞こえる小技

歌がちょっとだけ上手く聞こえる方法もあります。参考までに。

・バラードは強弱を意識する
・「がぎぐげご」は、前に小さい「ん」を入れて歌う
・アップテンポな曲は、音を短く切って歌う
・マイクは、口の真ん前だと吐息も入ってしまうので、
 口のやや下にナナメ45度で構える
・時にはキーを下げる勇気も必要

最後に

カラオケの得意な人は【上手く歌いすぎない】ことも大事です。
上手すぎると逆に浮いてしまう、ということもありますので。


以上をふまえて、年末年始のカラオケを元気に乗り切っていきましょう。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近の記事
今ハマっているもの
好きな映画
RSS