Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

キャッチコピーの黄金律

ビジネスにおいて、キャッチコピーを求められることはよくあります。
商品のキャッチコピーから企画書のタイトル、忘年会でのスピーチまで
目を引くものでなければビジネスが成立しない、といっても過言ではないでしょう。

有効なキャッチコピーのひとつとして
コピーにストーリー性を持たせるという手法があります。

今は【顧客満足を越えた顧客感動】が要求される時代です。
キャッチコピーを物語仕立てにすると
感動もありますし、記憶にも残りやすいので効果的なんですね。

実は、ストーリー性のある良いコピーには共通点があるんです。

ストーリーコピーの黄金律

3つの要素があります。

1,マイナス要素を持った主人公が
2,目標に向かって努力し
3,障害に立ち向かう

この3つがあれば、いいストーリーコピーになるんです。

ex.)私がピアノの前に座ると皆が笑いました。でも、弾き始めると・・・。

これは、広告業界では伝説となっている音楽学校の通信講座の広告ですが
たった一文でも上記3つのストーリー性が見えてきますよね。


ということで、刺さるキャッチコピーを考えるときは
コピーの中に物語を作ってみましょう。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近の記事
今ハマっているもの
好きな映画
RSS