Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

暫定税率が地方環境税になっても・・・

カテゴリ:思うこと Tag:|2010.06.09
暫定税率の代替財源として地方環境税が導入される見込みが強くなってきました。

原口総務相「地方環境税の導入目指す」地球温暖化対策で - MSN産経ニュース

この前までは160円になったらやめる(ガソリン160円超で暫定税率停止 政府税調が決定 - MSN産経ニュース)とかいってたのにそれはどこいったんだろう。
と思いつつ、
「は~なるほど。ガソリン税に上乗せされている暫定税率を地方環境税に切り替えることで、地方にお金を流すというわけですか。」
となんとなく納得していたらこんな記事が↓
「高速無料化」「経済元気に」 : 山形 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

全国高速無料化も進めていくというんですね~。

ここでちょっと待てよと思ったんです。

ガソリンの値段自体は、暫定税率が地方環境税にスライドするだけなので
私たち消費者の負担はそんなに変わらないんですよね。

それなのに高速道路が全国無料になってしまったら、当然車に乗ってお出かけする人が増えます。
そうなったらCO2出まくりで、環境問題解決には程遠い状況になるでしょう。
環境への負荷抑制・軽減という地方環境税の目的が達成できない事態になってしまうわけですね。
環境税は目的税ですから、税金の名目上もしっくりこないわけです。

こういう状況だと、
結局地方にお金を流して欲しいから地方環境税という形をとっているだけで
本当は環境なんて二の次なんじゃないかな、って思わざるを得ないんですよね。
私的には。

確かに地方財源が少ないのはわかりますけど、どうせやるならこういうこじつけ的なやり方じゃなくて、もっと長続きしそうな方法を模索していったほうがいいんでないかと思う今日この頃です。



PR:
日経225mini 情報
日経225mini 比較
犬 ペット
犬 盲導犬

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近の記事
今ハマっているもの
好きな映画
RSS