Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

アイパッドの普及

カテゴリ:思うこと Tag:iPad,教育,IT,|2010.06.02
先週iPadが日本でも発売して話題になってますね。
アイフォンとかウィンドウズ95なんかもそうですけど、
あの行列を見る限り、IT業界の新製品にはイノベーターが多いみたいですね。

さて、そんなiPadですが日本ではどういう風に普及するのか考えてみました。
世間では電子書籍が取りざたされていますが
一番影響があるのは教育業界ではないかと思うんです。
塾のレジュメとか学校の教科書とかをデータ化してダウンロードし、iPadで使えるようにしたら教科書とかもっていく必要がなくなるわけです。
重い思いをする必要もないし、忘れ物もなくなるというわけですね。
これで紙代が節約できるので塾とかは大幅なコストダウンにもなります。
というわけで
これからビジネスやるなら教育関係が儲かりそうだな~なんてやんわり思ってる今日この頃です。

で、教育熱心な親は子供の勉強がはかどるなら、ということでiPadを買い与えます。
それを子供が使っているのをみて「あら、けっこう良さそうね~」といって親自身も買います。
こういう流れで普及していくんじゃないでしょうか。

つまり大人→子供、ではなく
子供から大人へ普及するのが今回のiPadの特徴のような気がするんですよね。
プ○キュアみたいに。

なので、iPadを普及させたければ
電子書籍よりも勉強の効率化のほうに力を入れるのが早道だと思うんです。

とはいっても、一般化するにはどうしたって3年くらいはかかるんでしょうけどね。





PR:
犬 しつけ

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近の記事
今ハマっているもの
好きな映画
RSS