Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

大混戦の全仏オープンテニス2018

カテゴリ:テニス Tag:スポーツ,|2018.06.06
全仏オープンテニス

全仏オープンテニス2018が開催中!
主に男子を見てますが、かなり面白い展開になってます。

2018年6月6日時点での展開をまとめておきます。
※試合結果含むネタバレあり

波乱の準々決勝

現時点では、ベスト8、準々決勝の片方2試合が終わった段階です。

ひとつは、ズベレフ対ティーム。
ストレートでティームが勝利。
ズベレフは足に不調が出てしまい、自分のテニスができなかった状況。
途中、何度も試合をあきらめそうなシーンもありましたが、最後まで戦い切りました。
そんな状態の相手に、淡々と自分のプレーをしていたティームのメンタルの強さが光りました。
次世代のナンバーワン決定戦とも言われた試合だっただけに、ベストコンディションでの対決が見られなかったのはちょっと残念でした。


もうひとつは、ジョコビッチ対チェッキナート。
予想に反してチェッキナートが勝利。

先にチェッキナートが2セット先取、その後第3セットはジョコビッチ。
第4セットもジョコビッチの展開でしたが、チェッキナートが盛り返しタイブレークへ。
チェッキナートが13-11の長いタイブレークを制しました。
チェッキナートのテニスは、攻撃しつつミスも少ないスタイル。
そのプレーでジョコビッチの牙城を崩しました。

ちなみに、チェッキナートはノーシード。
ノーシードのプレーヤーがグランドスラムでベスト4なんて何年振りでしょうね。
アップセットが起こりやすい全仏とは言え、層の厚い今の男子テニス界では珍しいです。

予想もしてなかった選手が活躍するのも、全仏オープンテニスの醍醐味ですね。
今日の準々決勝、そして準決勝、決勝と、ワクワクが止まらない楽しみな展開です。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近の記事
今ハマっているもの
好きな映画
RSS