Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

激アツ!全米テニス 錦織圭 vs スタン・ワウリンカ

カテゴリ:テニス Tag:テレビ,スポーツ,|2016.09.11
錦織圭 マイケル・チャンに学んだ勝者の思考

昨日、日本の錦織圭選手対スイスのスタン・ワウリンカ選手の試合がありました。
グランドスラムの全米オープンテニス準決勝の舞台です。
かなりスゴイ試合だったので、感想をまとめておきたいと思います。
(内容には試合結果が含まれています)

3-1でワウリンカ勝利

試合はワウリンカ選手が勝ちました。
惜しくも錦織選手は負けてしまいました。

かなり暑くて体力の消耗が激しそうだったのですが、試合はかなり内容の濃いものでした。
序盤は完全に錦織選手のペースで、ワウリンカ選手にテニスをさせなかった印象。
このまま3-0もあり得ると思ったのですが、そうさせないのがワウリンカ選手ですね。

第2セットの第4ゲームのブレイクをきっかけに一気に流れを掴みました。
その後の試合展開は、小さな流れが行ったり来たりしましたが、大きな流れはずっとワウリンカ選手にあった感じ。
大事なところではほぼワウリンカ選手がとってました。
ブレイクポイントにされても、「ブレイクポイントを落とさなければOK」という強気なプレーが見て取れました。

しかしワウリンカ選手はタフでしたね。
あれだけ錦織選手に攻められれば崩れてもおかしくないのですが、そこを踏ん張って自分に流れをもってきてしまう。
このメンタルタフネス・フィジカルタフネスは世界一かもしれません。

決勝はジョコビッチ

決勝戦はジョコビッチ選手対ワウリンカ選手です。
全米では過去に名勝負を繰り広げてきた2人の対決です。
何年かは忘れましたが、何度も何度もデュースになったあのゲームは忘れられません。
明日もそんな激闘になることが予想されますので、楽しみで仕方ないですね。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近の記事
今ハマっているもの
好きな映画
RSS