Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ちょうど600度!?桜の開花予想ができる法則

カテゴリ:へぇ~ Tag:|2015.12.16
桜の開花予想日

あと2週間で元日ですね。もうすぐ年明けです。
年が明けると桜が恋しくなるので、今回は桜の小ネタを紹介します。

桜の開花予想は2月1日からの気温の足し算

毎年天気予報では、桜の季節になると桜の開花予想を発表してますね。
これ実は、2月1日からの最高気温を毎日足していって、600度になったときが開花予想日と予想できるんです。
ちょうど600になると咲くって、なんかドラマチックですね。

なので暖冬なら早く咲き、寒ければ遅くなるってことですね。
場所によって開花時期が異なるのも、最高気温が違うからなんですね。
桜を見に旅行を計画している人は、最高気温を気にしておくと、なんとなく時期がわかるかもしれません。
開花時期がわかれば計画も立てやすくなります。

と言っても毎日足していくのは大変なので、「例年よりも気温が高いか低いか」を気にするほうが現実的ですね。
今年は寒いときは寒いですが、暖かい日は例年より暖かい感じなので、桜も早く咲きそうですね。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近の記事
今ハマっているもの
好きな映画
RSS