Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

錦織圭選手の獲得賞金wwwwそしてチリッチがあなどれない理由

カテゴリ:テニス Tag:テニス,スポーツ,|2014.09.08

Kei Nishikori / shinya

いよいよ明日の早朝、
錦織圭選手が日本人として初めて全米オープンテニスの決勝を戦います。
日本人がグランドスラムの決勝に進むのも初めてなので、それだけで歴史的快挙ですが
賞金からも、これがどれだけすごいことなのかわかります。
テニスのグランドスラムはいくらもらえるのでしょうか?

テニスのグランドスラムの賞金

テニスの賞金は、その大会についているスポンサーによって変わりますが、
だいたいグランドスラムの大会では、優勝すると2億以上、準優勝で1億以上ということが多いです。
ちなみに、2013年の全米オープンテニスの賞金は、

優勝(ラファエル・ナダル):2,600,000ドル
準優勝(ノバク・ジョコビッチ):1,300,000ドル

でした。
正確には、ナダル選手はUSオープンシリーズ大会のポイントでトップだったので、
ボーナス+1,000,000ドルが加算されました。

勝てば2億と考えると、やっぱりスゴイですね。
すごすぎて逆に大したことないと思うほどです。

錦織有利だけど、チリッチもあなどれない

さて、決勝の相手はチリッチ選手です。
錦織圭選手は5勝2敗と勝ち越していますが、
ここまできたら、あまりそれは関係ないと思います。

共にビッグ4に勝ってきましたから、それが相当な自信になっています。
準決勝を見たところ、錦織選手もそうですが、
チリッチ選手もかなりメンタル的に充実した印象がありました。
長年テニスを見てきましたが、
フェデラーがあれほどまで完璧に抑えこまれたのを初めてみました。
サービスを軸にポイントを取り、ストロークでも5割以上ポイントをとっていく、というテニスで完勝。
これは、コーチのイバニセビッチがウィンブルドンで優勝したときによく似ているので、
ちょっと嫌な予感もしてます。
あのときの雰囲気も、パトリック・ラフターが勝つと言われているなかイバニセビッチが勝ちましたから
そういうところもよく似ています。

試合のポイントは?

ブレークポイントなど大事なポイントになったときに、チリッチ選手のサービスがどれだけ入るか
錦織選手のリターンがどうか、が試合のポイントになりそうです。
チリッチ選手は、フェデラー戦のときに大事なポイントをサービスエースで切り抜ける場面が随所で見られました。
準決勝の錦織選手は、大事なポイントをリターンエースで決めたりしてましたが、
セカンドサービスになったときに同じことができるか、が勝負の分かれ目になると思います。

コーチ対決

決勝戦はコーチ対決としても話題になっています。
マイケル・チャン(錦織選手のコーチ)

Michael Chang / maartmeester


VS

ゴラン・イバニセビッチ(チリッチ選手のコーチ)

Goran Ivanisevic / flickr.annieandrew


二人共、グランドスラムを取った経験があります。
選手のプレースタイルはコーチの当時のプレーとよく似ているので、
長くテニスを見てきた方は、コーチ同士が試合をしているようにも見えるはず。


厳しい試合になると思いますが、
はねのけて錦織圭選手が優勝してほしいですな。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近の記事
今ハマっているもの
好きな映画
RSS