Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

相棒の知ってると役立ちそうな知識と右京さんの名言

カテゴリ:テレビ Tag:相棒,法律,名言,|2012.10.31
相棒新シリーズ開始&相棒tenDVD発売記念ってことで
相棒見てて「そうなんだ~」と思ったことを挙げてみます。
法律とミステリー解くのに役立ちそうな知識、右京さん名言集です。
思ったより長くなってしまったので、お暇なときにでも。
それにしてもパンダカップの人気は異常。

ミステリーで役立ちそうな知識・雑学

つかまれたときに狙える急所は足の甲

絞殺の場合、歯で舌を損傷するので出血する。鼻や耳から出血することも多い

LPガスは臭う。玉ねぎが腐ったようなにおい → ガス漏れが感知できるように

犯人は動機を隠したがる

メスのカマキリは交尾のあとオスを食べちゃう

心因性の記憶喪失もある → 信じられないものを見たときに自己防衛本能が働く

傷に生活反応あり → 殺される前にできた傷

酒の臭いと死臭は似ている

犯人は気になるので現場にやってくる → 爆弾魔は爆発が見えるところにいる

イレズミ → 至近距離から撃れたときに肌に残る黒い跡のこと 消えないからイレズミ

怒り心頭に発する

パニック障害の人の特徴 → カフェインを摂らない、髪は自分で切る

自殺すると連絡してくる場合は、だいたいSOS、止めて欲しい

やましいことがある人間は、相手の言動に敏感になるもの

毒殺は犯人特定が困難 → 被害者と対峙することなく殺害できるから

窒息死と感電死を見分けるのは難しい。落雷などでは電流斑が残るが家庭用のは残らないため

ジャストロー錯視 → 人間は無意識に隣り合った辺を比べて大きさを判断する。同じ大きさでも違って見える

威嚇射撃は撃つつもりがない場合が多い

デスクの照明 → 左から当たってたら右利き。手の影が映らないから

手袋をしても指紋はつかないが手袋の跡は残る

パソコンのキーボードは指先だけで押す → 指全体の指紋があるのはおかしい → 誰かが無理やり指を押しつけた

蝶の数え方 → 一頭二頭

袖で絞殺した場合、誰が殺したか曖昧になる。最初の人が気絶させ、2人目が殺した可能性

首を締めて心停止に至らせるには8分近くかかる

指紋はアルコールで拭き取れる

同じものを何個も買ってしまうのは若年性認知症のおそれ

家の車が温かかったら居留守

オーダーメイドスーツは別名ビスポーク。由来はビースポークン(話しながらつくる)
→ 仕立て屋は家族でも知らないその人の秘密を知っている。

食事しながらの事情聴取の場合、聞きたいことは相手が食事を終わるまでに聞くのが定石。

1984年に紙幣が新しくなった → 二世代以上前の新札はプレミアがつく可能性あり

放火犯や火事の現場に居合わせた人は火が怖くなる → 火を恐れる人は放火犯かも

もう利用できない部屋(コンテナ)の鍵を持ってる → 解約させられた証拠。普通なら鍵を返却する

インクがにじむのは、家庭用のインクジェットプリンタ。レーザープリンタではにじまない

胡蝶蘭は水ごけで育てる

日本は安全情報が省庁ごとにまとまってない
警察も場所によってまとまってない → 違う地域で違う殺害方法をすればバレにくい

風呂は危険
42度以上の風呂に入ると体が危険だと判断 → 血圧が急上昇する
長く浸かりすぎると安全だと判断 → 血圧が急に下がる
急激な変化で失神することも
風呂上がりに扇風機にあたり過ぎると危険

語るに落とす
犯人にしか知り得ない情報、公表されていない事実を喋らせる

【共依存症】
自分に自信がないから極端に他人を頼る。頼られたほうは息が詰まる。
病的なまでに他人の世話を焼きたがるのも共依存。

法律

※法改正により現在は適用されない場合があります

日本では、最も強い証拠は本人の自白とされている → 違法な取調べ・自白強要の温床に

執行猶予を付けられるのは懲役三年以下の罪だけ → 殺人は五年以上なのでつかない

一事不再理 → 同じ罪で二度と裁かれることはない

拡声器の使用条例
商業宣伝を目的とする拡声器の使用は東京都では午前8時以前には出来ない

離脱指導 → 刑務所にいる暴力団員が暴力団を抜ける手続き

警察の押収を拒める職業のひとつが宗教家

骨董品詐欺 → 最初に本物を割安で売り信じ込ませ、次に高額な偽物を売りつける

窃盗罪の公訴時効は七年

無実の罪で死刑にした場合の補償額は三千万以内【刑事補償法】
無実の人を拘束した場合の賠償額は最低一日千円 → 労働義務のない拘置の場合

【懲役と拘置の違い】
懲役 → 労働義務あり
拘置 → 労働義務なし

【還付請求】
押収された被害者の私物は被疑者が送検されて刑が確定したあと、または時効が成立したあと遺族に返される。現金や貴重品などは遺族から請求があれば可能な限り返す。

殺人などの凶悪事件の時効撤廃の影響 → 未解決事件増える。証拠品増え、管理が難しくなる

犯罪人引き渡し条約 → 日本はアメリカと韓国とだけしか結んでいない

地方公務員はその人事に対して不服申し立てができる【地方公務員法49条】
その不服申し立てを公開の口頭審理の場でできる【地方公務員法50条】
ちなみに、右京さんは国家公務員で亀ちゃんは地方公務員

任意での取り調べでは、所持品検査できない

時効は海外に行ってた期間はカウントされない

【未必の故意】
実害の発生を積極的に意図するものではないが、自分の行為で実害が発生しても構わない、相手が死んでも構わないという心理状態。立証するのは至難

任意で提出した指紋でなければ法的証拠能力はない
盗聴録音に証拠能力はない → 著しく反社会的手段であり、相手方の人格権を侵害しているから

裁判所には独自裁量権がある

【刑法172虚偽告訴】
他人を陥れるためにつく嘘を想定 → 自分が不利になる嘘は虚偽告訴にならない

心中 → 同意して一緒に死ぬ
無理心中 → 殺して自分も死ぬ

事件性が認められず死因がはっきりしない場合、心臓マヒ(急性心不全)で処理される

象牙は認可ないと輸入できない

スリは基本的に現行犯なので、スったものを持ってなかったら逮捕されない

犯人の確率が高い人の特徴

ライターを持っていない水商売の女性 → タバコをつけるためライターが必需品

爪が長いバーテンダー

アリバイが完璧すぎる人

作業着がキレイな掃除人

右京さんの名言集

・人の罪をかぶるという償い方は絶対にあり得ません。
・犯罪に手を染めてひらける道などありません。
・人が自らの命を絶つことで出せる答えなど、決してないのです。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近の記事
今ハマっているもの
好きな映画
RSS