Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

盗塁に換わる言葉を考えた

どうも。
高校野球シーズンですね。高校球児のヘッドスライディングの盗塁とかは、見ていてスカッとしますよね。

あ~そうそう、盗塁ですよ。
気になっちゃうんですよね~、この字が。素晴らしプレーのはずなのに、『盗む』っていう字がマイナスイメージになってる気がしませんか。
というわけで今日は、盗塁に換わる新しい言葉を考えてみます。

美しい国日本の、美しい日本語を盗塁に与えん!

第1候補『進塁』
塁を進める、ということで進塁。盗塁よりは良さそうですね。
と思ったら、進塁というのは野球で既に使われているみたいです。
ってことでこれは却下。

でもしっくりくるので、進塁をベースに考えることにします。

第2候補『裏進塁』
盗塁は裏をかいてするものなので、そういうイメージにもちょうど良さそうですね。
しかし、「裏」というのも「盗」と同じようにあんまりイメージが良くない感じも否めません。
お金を渡して塁に出させてもらっている感じもしますし。
見えないところまで見えるような進塁、と思ったあなた。あなたとは馬が合う気がします。

第3候補『抜進塁』
盗塁を試みたプレーヤーをアウトにすることを、ランナーを「さす」といいますね。
単純に「さす」の逆の言葉を当てはめたのが、この言葉。
でもこれだと、ベースを引っこ抜いて審判に投げちゃうどっかの監督さんが思い浮かんでしまいます。
卑猥なイメージを持ったあなた。あなたは、僕の生き別れた兄弟かもしれません。

第4候補『スライディング進塁』
最後に思いついたのがこの言葉。
よく考えると、ランナーがスライディングするときって、盗塁のときだけですよね。
2塁打とか3塁打のときにもスライディングしますけど、あれは最初に塁に出るところなので出塁になります。
ホームに帰ってくるのも別の名前が付いているのでしょう。生還とか。
一番しっくりきます。ちょっと長いけど、盗塁の字のマイナスイメージは払拭できたのではないでしょうか。何かを得るためには犠牲が必要なのです。
美しい日本語と言っときながら思いっきり横文字ですが、そこも美しい日本の寛大な心で目をつぶりましょう。

スライディング進塁、略して『スラ進』とでもしておきましょう。
ヒザ神
ヒザ神が思い浮かんだあなた。もはやあなたは私なのかもしれません。

というわけで、これからはスライディング進塁という言葉を使っていこうと思います。
我ながらいい言葉が思い浮かびました。暑い中、白球を追いかけて頑張っている高校球児の皆さんのおかげかもしれませんね。

ではまた!



それにしても、

イチローの盗塁って芸術的ですよね!!!

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近の記事
今ハマっているもの
好きな映画
RSS