Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

クラウドが追ってたのはセフィロスじゃない!?【FF7で勘違いしてたこと】

ff7.jpg
先日、FF7を15年振りにクリア~。掃除してたら出てきたんで、なんとなくやってみたらハマっちまいました。7は中1のときにやって「なんかよーわからんかったけど、面白かったよなぁ」って記憶でした。思い出補正もあるんだろうと思ってましたが、ところがどっこい、今やっても充分面白かったっす。
で、中1のときにわからなかったことや勘違いしてたことが、今になってクリアになったのでメモっときやす。
※激しくネタバレ

FF7で勘違いしてたこと

○セフィロスはすでに死んでいる
セフィロス
過去のニブルヘイムでクラウドに殺されています。ただ、セトラの民(の能力を持っているセフィロス)は死んでも意識をこの世に残すことができます。エアリスが聞いてた『星の声』ってやつ。セフィロスはその意識が特別強いので、具現化してラスボスのセフィロスのようになったそうな。

○つーわけで、クラウドたちが追っていたのはセフィロスではない
完全にセフィロスだと思ってたけど違ったみたい。正確には、セフィロスに擬態したジェノバ細胞。ストーリーの要所要所でジェノバナンチャラと戦いましたが、そいつがセフィロスに擬態してた模様。

○エアリスはすでにホーリーを唱えていた
セフィロス倒す → ホーリー発動、ではなく
ホーリーすでに発動 → それをセフィロスが邪魔している、という流れ。

○ソルジャーは全員ジェノバ細胞を注入されている
ジェノバプロジェクト
ジェノバプロジェクトにより、クラウドやザックスだけでなく、雑魚敵として出てくるソルジャーもジェノバ細胞を注入されてるみたい。だからちょっと強い。ソルジャーになるほどの強い肉体と精神力があれば、ジェノバ細胞を注入されても平気。だけど、クラウドのような一般兵レベルでは、「うぅ・・ああぁ。」になっちゃうってわけですな。

○ニブルヘイムの住民は、神羅にお金をもらって昔の火事を知らないふりしてる。
どっかにあった報告書に書いてありました。悪い奴らじゃ。

○過去のニブルヘイム魔晄炉でティファを連れて帰ったのはザンガン
ティファのピアノにある手紙で明らかになります。

○北条はただのオサーンではない
ff7宝条
これはただ忘れてただけ。なぜか記憶に残らないんだよね~。ルクレツィアは覚えてたんだけどな~。

○序盤~中盤、クラウドはティファの記憶に合わせて喋っている
ジェノバ細胞の能力で、相手の記憶に合わせて言動を変える、というのがあります。それをやってたみたい。
ジェノバ細胞能力
ジェノバ細胞

○クラウドの真実
クラウド
クラウドの真実
クラウドはジェノバプロジェクトの失敗作。セフィロスはジェノバプロジェクトの成功例第1号。

○セフィロスの真実
セフィロスの真実
2000年前の地層から見つかった仮死状態の生物を、ガスト博士がジェノバ名付けた。宝条とルクレツィアの子供であるセフィロスにジェノバの細胞を注入して、セフィロスはセトラ(古代種)の能力を手に入れた。

わかりにきーよ。

今回やってみてわかりましたが、これを中1の読解力で理解するのはちょっと厳しいですな。特に、魔晄炉とジェノバ。このわかりにくい2大巨頭が曲者です。

まあ、それがわかれば楽しいし、いろんな意味で時代を先取りしてたってのもよくわかります。
これとか。
ウホ
ウホ。
うひょー
トルネオ「\(^o^)/」

ゲームバランスいいじゃないか

ちなみに、以前よりもだいぶ早く終わりました。当時は、マテリアとかもややこしくてよーわからんかったんで、ボス直前にレベル上げして力技で進んでましたけど、いまやったら仕組みもよーわかるので、レベル上げしなくてもサクサク進めました。武器に『ぞくせい+ハーデス』とか病みつき。てきのわざマトラマジック、ベータ、マジックハンマー、ホワイトウィンド、トラインがあれば楽チン。ミッドガル抜けてすぐベータ覚えるとか、最高に漲る!
というわけで、一番手こずったのはウータイで戦ったトルネオの2回目のボスでしたとさ。

裏ワザでエリクサー増やせたんか~い!

うちにあるインターナショナルだと、マジックポットはエリクサーあげないと倒せないんですよね。なので、昔やったときは『へんか』で必死こいてエリクサー手に入れてたんですけど、インターナショナルには、Wアイテムを使ったアイテム無限増殖の裏ワザがあったんですね。中1のときは知らなったので「インターナショナルクソじゃねーか!」って思ってましたが、これ使えばマジックポットも楽に倒せますな。今考えると、マジックポットがエリクサーあげなきゃ倒せないのは、アイテム無限増殖の裏ワザがあるってことの伏線のような気がします。
【無限増殖のやり方】
Wアイテムで増やしたいアイテムを選び、使う。次のアイテム(何でもOK)を選び、対象を選択するところまで進み、キャンセル。これを繰り返す。要するに、2つ目のアイテムを選ぶ→キャンセルを繰り返すだけ。

若気の至り

とまぁ、久しぶりのFF7はいろいろと楽しめました。昔やったゲームは若気の至りで勘違いしてることがあるかもしれないので、それを明らかにするために再プレイしてみるのもいいですな。
次はFF9あたりに手を出そうかしら。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近の記事
今ハマっているもの
好きな映画
RSS