Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コクリコ=ひなげしなんだって【コクリコ坂から】

この土日暇だったんで、『コクリコ坂から』を見ました。最近歳のせいか、ジブリはあんまり面白いと感じなくなってきたんですけど、これは面白かったです。「この懐古厨が!」と言われそうですが、この頃生まれてなかったから懐古厨じゃないもん!(・∀・)
ブルーレイ買っちゃおうか悩んでます。

コクリコはフランス語でひなげし

コクリコって地名だと思ってたら、実はひなげしのことみたいです。
花言葉は、「七色の恋」「心の平静」「慰め」「乙女らしさ」「感謝」「別れの悲しみ」「休息」≫ヒナゲシ(雛芥子) | 花言葉しらべ
そう言われると、映画では花言葉が見事に表現されています。特に、「七色の恋」「乙女らしさ」「感謝」という言葉は、この映画のテーマになってる気がするので、見るときはそのへんに注目すると楽しめると思います。

曲がイイ!

劇中の音楽もかなり良かったです。ジャズっぽい曲調のものが多いので、ジブリでは珍しいかも。特に、冒頭で流れる『朝ごはんの歌』に心を鷲づかみされました。「これを聞けただけでも見てよかった」最初の10分はそう思ってました。


テンポは違いますが、聞いてたらこれを思い出した。


信号旗を上げるときの心情

個人的に良かったのは、海ちゃんが信号旗を上げる描写。
何回か旗を上げるシーンがあるんですが、その時々で違うことを考えながら上げてると思うんで、そのあたりにも注目して見ると楽しめるとおもいます。特に最後の旗を上げるシーンは、グッとくるものがありました。

コクリコ坂から○○

タイトルを見たときから気になってたんですが、コクリコ坂からの後には続きの言葉が隠されているような気がします。色々意見はあると思いますが、個人的にはコクリコ坂から「あなたを見守ります」かなぁ。

まとめ

人によっては、盛り上がりに欠ける、という意見もあるようですが、個人的にはあれくらいが丁度いいと思うんですよね。久しぶりに清々しい気分になれた映画でした。
戦争はそういう影響もあったのね、ってことも勉強になりました。語り継いでいきたいですな。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近の記事
今ハマっているもの
好きな映画
RSS