Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

これからの季節に知っておきたい雷に関するアレコレ【雷対策】

カテゴリ:緊急事態回避法 Tag:,対策,稲妻,由来,|2012.05.29

どうも。年をとってから雷が怖くなってきた僕です。
最近多くなっているゲリラ豪雨。雷も多くて怖いのなんの。
ってことで、雷に当たらないための対策や知識をちょこっと調べてみました。

雷が来たら

・近くの建物や車の中に逃げ込む
・木で雨宿りをしない→木に落ちた雷が伝わってくることがある
・傘をささない→自分の背を高くしない
・長いものを手放す→ゴルフクラブなどの長いものは地面に置いて離れる
・アクセサリーは外さなくていい→金属製のアクセサリーに雷が落ちる、というのは迷信。外す暇があるなら、逃げたほうがいい
・雷情報をこまめにチェック
落雷情報 - Yahoo!天気・災害雷Ch - ウェザーニュース
via:http://www.aobaya.jp/chishiki.html

音が聞こえたらすぐそこ

一般的に雷は
目視できる→30km先
音が聞こえる→10km先
にあるとされています。
雷雲のスピードは速いもので40km/h。
なので、雷が見えたり音が聞こえたらプライドを捨てて(?)、一目散に安全な場所に逃げましょう。

また、雷は積乱雲によって発生します。
積乱雲
積乱雲が確認できたときも逃げましょう。

稲妻の由来

ここで雷トリビアをひとつ。
雷が多い地域のお米は美味しいと言われています。実際に新潟などお米の名産地は雷が多いです。(雷はどこで多く発生しているのか
田んぼに雷が落ちる→稲が活性化する→お米が美味しくなる
このことから、雷は稲にはなくてはならないもの、稲と雷は夫婦のようなものだ、ってことで
”稲妻”と呼ばれるようになりましたとさ。

一番の安全策

大事なのは、とにかく早めに逃げること。雷発生のサインを見逃さずに逃げる、それが一番の安全策です。
雷は雨が降る前に発生します。雨が降ってから逃げるのでは遅いと思っておきましょう。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近の記事
今ハマっているもの
好きな映画
RSS