Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

三谷幸喜シリーズ「赤い洗面器の男」のオチは結局何なのか


三谷幸喜さんの作品で度々登場する「赤い洗面器の男」の話。いつも途中で終わってしまうので、オチがわからない状況です。
んでちょっと調べたら、このオチを考えてるサイトがありましたよ。

「赤い洗面器の男の話」のオチを考える

ある晴れた日の午後、道を歩いていたら赤い洗面器を頭に乗せた男が歩いてきました。洗面器の中にはたっぷりの水、男はその水を一滴もこぼさないように、ゆっくりゆっくり歩いています。
私は勇気をふるって、「ちょっとすいませんが、あなたどうしてそんな赤い洗面器なんか頭に乗せて歩いてるんですか?」と聞いてみました。すると男は答えました…

『それは君の服を濡らさないためだよ。』私は怪訝に思いながら更に聞きました。『だったら手で持てばいいじゃないですか。』『そんな事をしたら君は私に声を掛けるほど私に興味を持ったかね?』<続く>
2005/12/20(火) 午後 6:38[ 谷賀谷 ]
<続き>『そうなれば、君に水をかけてしまうかも知れない危険そのものが無くなってしまう。』『いったい、あなたは私に水をかけたいんですか、かけたくないんですか?』少し間があって、男はとつとつと話し始めました。『私だってこんな仕事はやりたくないよ。できれば今すぐにでも、うっちゃりたい。でも、だからといって洗面器を手で運んでしまったら、いったい私は明日から何をすればいいと言うんだ!ええっ!?君!!』今にも泣き出しそうな男の悲壮な表情に私はそれ以上何も聞けず、その場を立ち去りました。

すると男は答えました・・・・。「三日かぁ。意外と早くて助かったよ。」男はにこやかに去って行きました。もう男の頭上に洗面器はありません。何故なら私の頭上にあるのだから・・・・。私は理解しました。これはそういう物であると。 そして私は歩いています。次のお調子者が声を掛けてくるその時まで・・・・。
2006/1/11(水) 午前 10:01[ har*_ha*e1*99 ]

オチないようにしてるんです
2006/1/14(土) 午後 11:45[ とおりすがり ]
http://blogs.yahoo.co.jp/espresso_and_milk/17131732.html

面白いものもあるので、どれかは当たってそうですね。

あと、赤い洗面器だからオチは明かせん(赤洗)というのもどっかで聞いたことがあります。
もしかしたら三谷さん最後の作品で、このオチを発表するつもりなのかもしれませんね。
関連記事:古畑任三郎が疑いをもった瞬間

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近の記事
今ハマっているもの
好きな映画
RSS