Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ドラマや映画が疲れる理由

カテゴリ:思うこと Tag:ドラマ,映画,会話,|2012.01.30

最近、映画やドラマをみているとなんとなく疲れる…。
ただちょこんと座って見ているだけなのに、なぜ疲れるのだろう。

もっとナアナアでいんじゃね?

見ていて疲れる理由は2点。
a.文法がしっかりしすぎている
b.言い間違いがない

a.日常生活における会話は、もっと適当だったりします。
主語述語がなかったり、接続詞がめちゃくちゃだったり。
それでも不思議と相手の言わんとしていることは理解できてしまうものなので、いい意味での適当さも必要になっている気がする。

b.ドラマや映画では、言い間違いや言葉を噛むことは悪とされているが、本当にそうだろうか。
言い間違いが会話におけるクッションの役目を果たすことはよくあります。
なので、噛んだり、言い間違えても、NGにせずそのまま流したほうが、案外リラックスしてみれるようになると思うんですよね。

というわけで、言い間違いとか日常会話に近い映画を見てみたい今日この頃。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近の記事
今ハマっているもの
好きな映画
RSS