Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

教訓がわからない童話


連日の寒さで風邪を引いちまいまして、病院に行ってきました。予想以上に混んでて待ち時間暇だったんで、子供の絵本童話集みたいなのを読んでみました。
んで、そこで疑問に思ったことがひとつ。マッチ売りの少女の教訓って何?

マッチ売りの少女

一応マッチ売りの少女をおさらいしておくと、

年の瀬も押し迫った大晦日の夜、小さな少女が一人、寒空の下でマッチを売っていた。マッチが売れなければ父親に叱られるので、すべて売り切るまでは家には帰れない。しかし、人々は年の瀬の慌ただしさから、少女には目もくれずに通り過ぎていった。
夜も更け、少女は少しでも自分を暖めようとマッチに火を付けた。マッチの炎と共に、暖かいストーブや七面鳥などのごちそう、飾られたクリスマスツリーなどの幻影が一つ一つと現れ、炎が消えると同時に幻影も消えた。
流れ星が流れ、少女は可愛がってくれた祖母が「流れ星は誰かの命が消えようとしている象徴なのだ」と言った事を思いだした。次のマッチをすると、その祖母の幻影が現れた。マッチの炎が消えると、祖母も消えてしまうことを恐れた少女は慌てて持っていたマッチ全てに火を付けた。祖母の姿は明るい光に包まれ、少女を優しく抱きしめながら天国へと昇っていった。
新しい年の朝、町の人々が見つけたのは、マッチの燃えかすを抱えて幸せそうに微笑む、少女の小さな屍であった。
引用元:マッチ売りの少女 - Wikipedia


う~ん、やっぱ少女かわいそう・・・、という感想しか出てこない。
というかラストのシーン、フランダースの犬とクリソツですね。それだけこの時代は貧しい子供が多かったということなのかもしれません。

考えてみると、アンデルセン童話って教訓めいたものがない作品が多いんですよね。
裸の王様も、みにくいアヒルの子も、日本の昔話ほどはっきりとした教訓は見当たりませんし。
アンデルセン童話は、作者であるアンデルセンの生きた時代背景を基に描かれたみたいなので、特にそういうのは考えてなくて、世相を備忘録的にファンタジーとしてまとめたものなかもしれませんね。(キャラクターに名前がないのも、風刺したいがためにあえて付けてないのかも)
夢のあるファンタジーの世界に教訓を求めること自体、野暮なのだろうか・・・。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近の記事
今ハマっているもの
好きな映画
RSS