Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

究極のワークライフバランス。その裏にあるもの


日本人は働きすぎている・・・。
そのことをを危惧して提唱されたのが、仕事と生活の調和を目指すワークライフバランスです。
私たち日本人は、働き方について真剣に考える時期に来ているのかもしれません。

リラックス=ストレスの解放


ストレスがなくなれば、仕事が楽しくなる。
楽しくなれば、人は創造的になる。
創造性を最大限に発揮できる。



ワークライフバランスは、どうリラックスしてストレスを減らしていくか、と換言できます。
人によってリラックス法は様々です。ロックを聴いてリラックスできる人もいれば、逆に疲れてしまう人もいます。
しかしリラックスというのは、ただ疲れを取るためのものではなく、その後の仕事にまで良い影響をもたらしてくれます。そのことは、共通認識として持っておきましょう。
つまり、仕事を楽しくするには、どれだけリラックスできるかにかかっているんです。


Very Relaxed / Randy Son Of Robert


音楽は最も身近なリラックスツール


音楽もまた、朝を快適にスタートさせるための大切な要素。おすすめは、リズムの良い活気のある音楽。カフェで流れているような音楽です。



ストレス解消に音楽は定番です。僕自身、朝・昼・夜と音楽を変えただけで、かなりリラックスできるようになりました。特に朝と夜の音楽は大事です。僕の場合、朝はモーツァルト、夜はスロージャズと決めています。
朝はテンションの上がるもの、夜は気持ちを落ち着かせるものを聞いてみましょう。
音楽は、ながら作業でリラックスできるのもいいところです。


Musica comprimida - Compressed Music / Ferrari + caballos + fuerza = cerebro Humano 


これは・・・ひょっとしてストレス?


ストレスを感じている自分を素直に認めてやるだけでも、ストレスは和らいでくるのです。
そうすれば、ストレスに対する改善方法や対処方法を見つけようという意欲も湧いてきます。



ストレスというものは、気づかないところで自分の重しになっている場合があります。
「今日は何かいつも以上に疲れたな~。ああ、あの人と会ったからだ。」
ストレスはたいてい後になって原因がわかります。しかし、そうやって自分の行動を顧みるだけでも変わってきます。
「自分はこういうことにストレスを感じているのか。じゃあ、ちょっとやり方を変えてみよう。」
そう思えれば、ストレスフリーで均整のとれたワークライフバランスはすぐ目の前です。


Relax! / krasi


あなた自身の自由時間を


現代人は、1ヵ月に100時間の自由時間を持っています。1日24時間から、「睡眠時間」「通勤時間」「勤務時間」「食事時間」・・・・・・と、生活に必要な時間を差し引いていくと、平日でおおよそ2時間、土日は8時間ずつ。計算すると、ひと月100時間程度になるのです。



個人的には、ひと月100時間というのはけっこう少なく感じました。

「明日から君に自由時間として100時間与えよう。」

そう言われたら、旅行しようかな~とか考えられますけど
自由時間は細切れになっているので有効に使うのはけっこう難しいです。
それだけに、自分なりのルールを決めて計画を立てておかないとすぐに終わってしまいます。
「遊びなのにスケジュールなんて面倒じゃね?」
そう思うかもしれませんが、楽しいこと・自分がやりたいことの計画は、考えるだけでリラックスできるものです。
あなたなりの満足した100時間を過ごせるか、それがストレス解消の鍵になっているのです。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール
最近の記事
今ハマっているもの
好きな映画
RSS