Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 
  

「ビジネス書」 のカテゴリー

賢明なる投資家

今回は、ビジネス書というより投資のバイブルを紹介したいと思います。

賢明なる投資家 - 割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法

敬愛するウォーレン・バフェット氏の師であるベンジャミン・グレアム著で
投資をする人にとってはバイブルになってます。
ベンジャミン・グレアムはバリュー投資の産みの親であり、
バフェットもこの本を最高の投資指南書だと絶賛しています。

内容はリスクをいかに回避して、割安株を見極めるかを中心に構成されていて
いまの時代でも充分通用する考え方が学べます。

今はちょうどギリシャショックで市場も荒れていますが
こういうときこそ基本に返るのが大事なんですよね、グレアムさん。

>>賢明なる投資家 - 割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法

平均年収1000万円超の962人が選ぶ必読書とは!?

新社会人に贈りたいビジネス書と手本にしたいリーダーのランキングが発表されたようです。

新社会人へ「贈りたい本」「手本にすべきリーダー」をビジネスパーソンにアンケート 投資・経済・ビジネスの東洋経済オンライン

やはり一位は松下幸之助さんでした。
亡くなってからだいぶ経っているのにもかかわらず、これほどまで支持を得ている人はなかなかいないですよね。
まさに経営者のカリスマです。

外国人で唯一トップ10に入っているのはスティーブ・ジョブスだけなんですね。
経営者というカテゴリーだとビル・ゲイツよりもジョブスのほうが人気があるようです。
ゲイツは経営者というよりも資産家というイメージのほうが強いんでしょう。

贈りたい本の一位は、スティーブン・R.コヴィー著の7つの習慣―成功には原則があった!でした。
本のランキングでは、リーダーのアンケートとは打って変わって
外国人著のものが半数を占めていたのが特徴的です。


7つの習慣―成功には原則があった!
スティーブン・R. コヴィー ジェームス スキナー
キングベアー出版
売り上げランキング: 76
おすすめ度の平均: 4.5
4 正直なところ
4 何度も読み返したくなる本。
5 すばらしい本です。
3 良くも悪くも、狩猟民族の持つマッチョイズムの集大成。
5 人間としての成熟度を測るマイルストーン




仕事ってなんだ!?

カテゴリ:ビジネス書 Tag:仕事,プロ,定義,労働,プラス,|2010.04.23
私たちがいつもやってる仕事って何なんでしょう?
ふと疑問に思ったので考えてみました。
仕事(労働)とは

労働(ろうどう)とは、人間が肉体や道具を用いて対象にはたらきかけ、人間や動物にとって有用なものをつくりだす行為である。 また、商品としての労働力は、肉体や頭脳を提供する代わりに、賃金を得る行動であるとも定義される。賃金を得ない活動はボランティアと呼ばれる。(Wikipediaより)


ということらしいです。
ビジネスともいえますけど
やはりお金が伴ってくることで初めて仕事と言えるようですね。

定義はこういう感じなんですが、
突き詰めていくと哲学めいたことになりそうでちょっと難しい。
なので最近は
仕事=プロがすること、と割り切って考えるようにしています。
プロと言ってしまうと責任が増すような気がしますが、
自分には必ずプラスになって帰ってくるので
新年度の意識改革としてはおすすめです。



ツイッターはじめました

遅ればせながら、最近ようやくツイッターを始めました。
新聞社などをフォローしておけばニュースが自動的にリアルタイムで入ってくるので非常に便利です。
ただ気をつけないといけないのは、フォローしすぎないということですね。
やたらめったらフォローしていると
本当に必要な情報が手に入らないので本末転倒です。

ツイッターというのは
使う人の情報取捨選択能力によってだいぶ効果が変わってきそうです。
上手に使ってビジネスにも応用していきたいですね。


ビジネス・ツイッター 世界の企業を変えた140文字の会話メディア
シェル・イスラエル
日経BP社
売り上げランキング: 279
おすすめ度の平均: 5.0
5 twitterへの印象が変わる
5 最近始めた人への応援歌。
4 TwitterのHowではなくWhatが分かる
5 Twitter関連事例の背景から真髄が理解できる一冊
5 お役立ち度が高い 1冊で3度おいしい本

手帳活用術

ビジネスにおいて手帳ほど大事なものはないですよね。
長く仕事をしているとその活用法もオリジナルなものが多いです。

私は、縦に時間軸が表示されているものを使っています。
これなら俯瞰してみたときにスケジュールが把握しやすいし、
今日は忙しいけど明日は空いてる、とか日にちごとの比較も容易です。

友人に聞いてみたら、
アイフォンのネットスケジュールを使っていて
グーグルのスケジュールと同期させれば
外出先でも確認できて便利だっていってましたね。
ハイテクだなぁ~(若大将風に)

手帳はスケジュールだけでなく、メモとしても大活躍してくれるので手放せない存在です。
うまく活用して、仕事をスピーディにしましょう。


図解 ミスが少ない人は必ずやっている「書類・手帳・ノート」の整理術

サンクチュアリパプリッシング
売り上げランキング: 142


働く理由

カテゴリ:ビジネス書 Tag:ビジネス,人間,成長,働く,成功,失敗,|2010.04.16
人はなぜ、額に汗して働くのか。

私は「人間として成長するため」というもっともらしい答えで働いていますが
果たしてそれでいいのかな~って思うときがけっこうあります。

このビジネスの永遠のテーマについて言及しているのが
働く理由という本です。

この本では、働く理由だけでなく

あたりまえシリーズ

最近のビジネス書としては
あたりまえだけどなかなかできないシリーズが人気ですね。

私もこのシリーズの仕事のルールというのを読みましたが、新入社員のみなさんは必読だと思います。

新入社員でない人も勉強になることがたくさんありますよ。

例えば、
●嫌なことを誰よりも率先してやろう
とか
プロフィール
最近の記事
今ハマっているもの
好きな映画
RSS