Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
 
  

「経営」 のカテゴリー

100人いたら100番目!?

カテゴリ:経営 Tag:|2009.06.24
松下幸之助ってどんな人でしたかと問われたら、
聞く人でした。」
と答える人が大半だったそうです。

耳が大きかったこともあるんですが、
幸之助さんは、考える人であると同時に聞く人だったんです。

その背景には、
小学校に2年半しか行っていない
ということがありました。
「自分は知恵や学問が人より足らんねや。
100人おったら、自分は100番目でしかない。
だから人より頑張らなアカンねや。」
いつも自分に言い聞かせていたそうです。

この結果、自分が偉くなっても
誰の意見にも耳を傾けられる、
謙虚な松下幸之助が生まれたんですね。





PICK UP:
>>営業が面白いように決まる方法とは・・・

全員一致の深イイ幸之助

カテゴリ:経営 Tag:|2009.06.20
~今日の最善は
明日の最善ではない~





経営だけでなく、
人生の一家言として実践したいですね。

成功の条件

カテゴリ:経営 Tag:|2009.06.19
幸之助さんのスピーチの一節をご紹介。
成功するための条件について、です。

「私は今まで失敗したということは
数少ないんですよ。
だいたい思うた通りになってるんです。
それは、必ずこれは成功するまでやめない
5年かかろうが10年かかろうが成功するまでやめない。
あくまで志を失わんようにやっていけば
いかなることでも
必ず成功すると思うんです。
しっかり皆さん、おやりください。」

それがどんなに難しいことか・・・

皆さん、気張っていきましょう!

松下幸之助 ~精神の復興とは~

カテゴリ:経営 Tag:|2009.06.09
↓松下幸之助さんの、その時代時代における心の持ちようについてのお話です。


確かに、物資に恵まれていると
ハングリー精神といいますか、
自分たちで世の中をより良くしていこうという使命感は芽吹きにくいかもしれませんね。

経営者の使命~水道水経営~

カテゴリ:経営 Tag:|2009.06.02
幸之助曰く、
「水というのは、人間が生きるのに必要不可欠なものである。
しかし、そんな重要なものが日本では蛇口をひねるだけで
ほぼ無料で手に入る。
これである。
お客様に対して、必要としているものを無料に近い値段で提供する。
これこそが、経営者の最終目標として定めるべき使命なのです。」

水道水から経営のヒントを得るなんて・・・
きっかけはどこに落ちているかわからないものですね。

幸之助さんは、良い教訓になります。
プロフィール
最近の記事
今ハマっているもの
好きな映画
RSS